☆オンラインゲームの変遷

いよいよクライマックス

学園アイドルアニメ「ラブライブ」のセカンドシーズンがいよいよ大詰めを迎えましたね〜。そうです。ラストライブが終わったんですよね〜。ライブで最終回かと思いきや・・・。3年生の卒業が最後になりそうですね。

 

学生の頃を思い出すと・・・自分はバスケ部だったので、上の学年が居るとレギュラーになれず、試合になんて出れませんでしたから、自分達の世代がメインになるのを待っていたもんですが、学園アイドルであれば、一年生から三年生までみんなで出来るんですよね。

 

音楽部やブラバンなどもそうなのかな?サッカー部などは3年になって下の学年から上手い子が出てくると、自分の世代になっても試合に出られずに終了なんてことも・・・。話しはもっとそれますが、サッカーって世代で、小学生はジュニア・中学生はジュニアユース・高校生でユースという世代に分かれています。

 

サッカーの仕組みはJリーグをトップとする日本サッカー連盟。部活などは中体連・高体連・大学体育連盟の大きな二つの組織に分かれるんですよね。小学校は部活が無いので、ほとんどのサッカー少年は日本サッカー連盟の中のクラブチームに所属します。

 

U−13ジュニアユーズからが問題です。クラブチームに行けば年齢ごとのカテゴリーに分かれるので、その学年で力を発揮できれば、公式戦もありますが、中体連に行ってしまうと一つの学校で1チームですから、当然1年性などは公式戦などには出ることができません。下手をすると草取りばかり・・・ボールひろいばかりなんてことも・・・。

 

3年生が引退しても、一学年上の2年生が主になるチー作りになります。高校の3年間で、飛び級を出来ない選手は1年間しかベンチ入りすら出来ないのがほとんどでしょう。ま・・・部員が少なければ出場できるでしょうが、相手は3年生主体のチームだったりしますので、伸び盛りの中学生の2年差は大きいでしょうね。

 

そんなわけで、サッカーの上手い子はみんなクラブチームに行くのが普通になっているんですよね。ここで大きな問題が・・・。当然クラブチームはいろいろな学校から集まってくるチームになるので、学校の行事のことなどは関係ありません。運動会だろうが修学旅行だろうがそんなのは関係ないのです。

 

学校行事を優先すれば、当然レギュラー争いから脱落します。それでもサッカーをやりたいという気持ちがあればいいのですが、学校行事って・・・そんなんでいいの?と思ってしまうのです。

 

じゃあ解決策は?というと・・・。中学や高校も学年ごとのカテゴリーを作ればいいだけですよね。クラブチームで出来るんですから・・・。顧問の先生の問題はあるかもしれませんが、学年ごとのカテゴリーで鍛えていくのがいいかなぁ〜と思ってしまいます。

 

かなり話しがそれてしまったので、ラブライブについてはまた別記事で!